1. バイヤーは情報収集と予測能力が大事

バイヤーは情報収集と予測能力が大事

バイヤーの仕事は、海外の買い付けなどで世界中を飛び回る仕事というイメージがあります。
アパレル業界には欠かせない仕事ですが、実際にはどんな仕事内容をしているのでしょうか。
バイヤーの仕事について仕事内容や求められる能力について調べてみました。

アパレル業界のバイヤーって何をするの?

商品の買い付けを行うバイヤーは、アパレルに限らず、多くの小売業で活躍する仕事です。
アパレル業界の買い付けの仕事は、実際に服の仕入れを行う場合と、素材の仕入れを行う場合の二つに分かれます。
服の仕入れを行う場合は、国内外から仕入れた洋服を、百貨店や小売店に卸します。
素材の仕入れは、仕入れた素材を自社製品に使う場合と、その素材を他社に卸す場合があります。

どのケースでも、目的にあった買い付けをする分析能力やトレンドの先読み力が求められます。

世界を舞台に戦う仕事

国内外の展示会に参加して商品の仕入れを行うため、活躍の場は幅広いです。
ファッションの本場は欧米ですが、近年はアジアのファッションシーンも洗練されてきたため、文字通り、世界各国を飛び回って活躍している方も多いです。

また、企業の規模によっては担当者の数も多く、あるパリやミラノ、ニューヨークなどを拠点としてそれぞれの現場から買い付けを行うという場合もあります。

どんな能力が求められる?

バイヤーとして活躍するためには、交渉力が必須です。
海外での仕事が多ければ、もちろん語学力も求められます。
また、これから何が流行るか、市場のニーズはどんなものかを見極めるトレンドの先読み能力がないと、魅力ある商品を仕入れることができません。
トレンドを先読みする力はセンスがないと難しいと思われがちですが、実はトレンドの先読みは、経験と知識によって培われる能力です。

商談相手を納得させるためには、感覚ではなく、客観的な根拠に基づいたデータが必要です。
そのためにも、積極的に情報を仕入れ、分析する能力がある人は、大きな強みになります。

未経験からチャレンジするためには

世界中を飛び回り、大きな商談をまとめる仕事なので、最初から未経験で仕事に就くのは難しい職種です。
未経験者の場合は、ショップで販売などの研修を積んだうえで、アシスタント業務から徐々に仕事を覚えていくことになります。

未経験として入社した場合は、ファッションやアパレル業界の知識を身に着けながら、語学力やトレンドの先読み能力など、仕入れに役立つスキルを磨いていくのがいいでしょう。

記事一覧

経営を支える生産管理のお仕事

アパレル業界の中では比較的地味な存在の生産管理の仕事ですが、実はブランドの中でも非常に重要な分野を担う仕事です。
アパレル業界の隠れた人気職種である、生産管理の仕事内容についてご紹介します。

ブランドの幅広い分野に関わる仕事

生産管理と一言で表しても、実際の仕事内容は非常に幅広く、様々な工程に携わります。
ブランドにとっては、無くてはならない業務の一つです。

普段の仕事は、主に企画側から上がったデザインを実際に商品にするまでの工程を担います。
工場の選定、素材の確保、サンプル発注など、1着の洋服を作るために必要な様々な内容を管理し、商品を完成させていきます。

もちろん、作った洋服が商品として成り立つように、1着あたりにかかるコストの計算も仕事のうちです。
また、サンプルが完成した後に実際に商品を生産する際、どれくらいの数を発注したらいいか、在庫の数まで分析して考えるのも重要な仕事内容です。
判断力が求められるため、経験が浅いと難しい仕事です。

地味な仕事だがアパレル企業には欠かせない

どんなに優れたデザインがあっても、実際に商品として流通させるためには、利益を効率よく生み出せる商品に仕上げることが必要です。
生産管理の仕事は、メディアに露出することもなく、非常に地味な仕事です。

営業やプレス、バイヤーの間に入って仕事をするため、縁の下の力持ち的存在でもあります。
しかし、アパレル企業の利益を上げるためには欠かせない仕事です。
そのため、やりがいも大きく、待遇もアパレル業界の職種の中では良いため、人気の仕事となっています。
ただ、アパレル業界や商品生産に関する幅広い知識が求められ、経験が重視される仕事です。

そのため、求人が少ないという特徴があります。
特に、未経験者の求人が少ないので、未経験者の場合は、アパレル企業の他の業種から入って、少しずつ知識と経験を積み上げていくのが一般的です。

表には出ないが人と接する事は多い

アパレル業界で人の前に立つ仕事というと、プレスやバイヤーなどの華やかな仕事がイメージされます。
生産管理の仕事は、メディアに登場する事は滅多にありませんが、人と接する機会は多く、部品の仕入れ元や工場などとやり取りをしたり、社内の営業やマーチャンダイザーとのやり取りが欠かせません。

そのため、高いコミュニケーション能力交渉能力が求められます。
また、国内ブランドの多くが海外生産を行っているため、語学力も必要な場合があります。

センスが求められるファッションコーディネーター

ファッションコーディネーターというと、アパレル業界の中でも特におしゃれな人がなる仕事というイメージがあります。

しかし、名前とイメージが先行して、実際の仕事内容はあまりよく知られていません。
どのような仕事内容なのか、具体的に調べてみました。

仕事のパターンは2つに分けられる

ファッションコーディネーターの仕事は、企画系販売系に分けられます。
企画系の仕事は、アパレルメーカーの社内で、ブランドの商品企画や販売戦略を考えるのが主な業務です。
ファッションのセンスを活かしたブランディングや、トレンドに合わせたコーディネート選びが求められます。

販売系の仕事は、実際にショップに勤務しお客様との接客を通して、自社ブランドの魅力をアピールする仕事です。
自分のファッションや店舗のディスプレイをコーディネートして、お客様に興味を持ってもらい、実際に商品を売るのが目的です。
企画系も販売系も、ファッションセンスが問われ、商品を売るために必要な仕事という点では共通しています。

ファッションコーディネーターに向いている人

ファッションセンスが必要なのはもちろんですが、ブランドの魅力をいかに理解しているかというのは重要なポイントです。
そのため、常にトレンド情報を仕入れ、自分のブランドの売り上げに反映する材料として分析できる能力が高い人は、優秀なファッションコーディネーターになれるでしょう。

また、さまざまな場で人と交流する機会が多い仕事なので、コミュニケーション能力も求められます。
ファッションコーディネーターは、お客様はもちろん、バイヤーや仕入れ先など、あらゆる立場の人と接します。
そのため、人とのつながりを楽しむことができる、コミュニケーション能力の高い人は、やりがいのある楽しい仕事と感じることが多いようです。

どんな資格があると有利?

アパレル業界の職種の中では求人が少ないので、ライバルに負けないアピールポイントが必要です。
最近は海外からのお客様が増えたり、海外の企業とのやり取りが多い企業も増えてきたため、語学に関する資格や能力がある非常に有利です。

特に、アパレル業界では英語だけでなく、中国語のスキルがあると現地企業とのやり取りに役立ちます。

また、販売士や色彩検定を持っていると、自社製品をお客様に販売する際に、感覚だけでなく客観的な視点からおすすめできるようになります。
特別な資格が必要ない仕事ではありますが、自身のキャリアアップのためにも、語学やファッションに関する資格を持っておくのがおすすめです。

アパレル業界の中でも人気な職種プレス

プレスという仕事は、アパレル業界の求人でよく見かける仕事です。
人気な職業でもあり、雑誌などに登場するブランドの顔というイメージもあります。
ブランドの広報として欠かせない、人気な職業のプレスの仕事内容を紹介します。

プレスって何をする仕事?

ブランドの新作発表や、雑誌などのメディア対応など、主に自社のブランドのPRを行う仕事です。
雑誌やテレビなどのメディアへの宣伝、ファッションショーや展示会などのイベント企画など、活躍の場はさまざまです。

スタイリストを通して自社ブランドの衣装を貸し出し、メディアへの露出戦略を考えるのも仕事の一つです。
ブランドイメージに直接的にかかわる仕事内容なので、とても人気な職業です。

求められる能力とは?

自社ブランドの魅力を最大限にアピールするためには、商品知識は必須です。
服の構造やデザインの意図、おすすめのコーディネートなど、あらゆる商品の知識が必要になってきます。

また、効果的に宣伝を行うためには、マーケティングや企画力も重要です。
ブランドの代表として対外的な場に登場することも多いため、営業をスムーズに行うコミュニケーション能力も求められます。
アパレル業界の中でも特に人気な職業なので、求められる能力やスキルも非常に高いです。

未経験からでも挑戦できる?

業務内容が幅広いため、アパレル業界がまったく未経験の場合、いきなり希望のポジションに就くのは難しい場合が多いです。
ファッション系の専門学校に通ってプレス業務を学んでいた場合は、アシスタントとしてスタートできるケースもありますが、人気職なだけあって未経験者には狭き門です。

未経験の場合は、ショップ店員や営業など、未経験でも就くことのできる職種からアパレル企業に入社し、知識と経験を積み重ねてキャリアアップを狙うのが近道です。
メディア露出が多いこともあり、自身のセンスも重視されるため、簡単に就くことはできない仕事ですが、自分磨きをする事で、未経験からでも十分チャンスはあります。

これからのプレスを目指すためにおすすめのスキル

これまで、アパレルの発表の場はファッションショーや雑誌等のメディアに限られてきました。

しかし、インターネットが普及したことで、ホームページやWEB媒体、ソーシャルメディアなど、新たな発表の場が増えてきています。
これからはデジタルメディアに強い知識を持った人材が求められるのは間違いありません。

バイヤーは情報収集と予測能力が大事

バイヤーの仕事は、海外の買い付けなどで世界中を飛び回る仕事というイメージがあります。
アパレル業界には欠かせない仕事ですが、実際にはどんな仕事内容をしているのでしょうか。
バイヤーの仕事について仕事内容や求められる能力について調べてみました。

アパレル業界のバイヤーって何をするの?

商品の買い付けを行うバイヤーは、アパレルに限らず、多くの小売業で活躍する仕事です。
アパレル業界の買い付けの仕事は、実際に服の仕入れを行う場合と、素材の仕入れを行う場合の二つに分かれます。
服の仕入れを行う場合は、国内外から仕入れた洋服を、百貨店や小売店に卸します。
素材の仕入れは、仕入れた素材を自社製品に使う場合と、その素材を他社に卸す場合があります。

どのケースでも、目的にあった買い付けをする分析能力やトレンドの先読み力が求められます。

世界を舞台に戦う仕事

国内外の展示会に参加して商品の仕入れを行うため、活躍の場は幅広いです。
ファッションの本場は欧米ですが、近年はアジアのファッションシーンも洗練されてきたため、文字通り、世界各国を飛び回って活躍している方も多いです。

また、企業の規模によっては担当者の数も多く、あるパリやミラノ、ニューヨークなどを拠点としてそれぞれの現場から買い付けを行うという場合もあります。

どんな能力が求められる?

バイヤーとして活躍するためには、交渉力が必須です。
海外での仕事が多ければ、もちろん語学力も求められます。
また、これから何が流行るか、市場のニーズはどんなものかを見極めるトレンドの先読み能力がないと、魅力ある商品を仕入れることができません。
トレンドを先読みする力はセンスがないと難しいと思われがちですが、実はトレンドの先読みは、経験と知識によって培われる能力です。

商談相手を納得させるためには、感覚ではなく、客観的な根拠に基づいたデータが必要です。
そのためにも、積極的に情報を仕入れ、分析する能力がある人は、大きな強みになります。

未経験からチャレンジするためには

世界中を飛び回り、大きな商談をまとめる仕事なので、最初から未経験で仕事に就くのは難しい職種です。
未経験者の場合は、ショップで販売などの研修を積んだうえで、アシスタント業務から徐々に仕事を覚えていくことになります。

未経験として入社した場合は、ファッションやアパレル業界の知識を身に着けながら、語学力やトレンドの先読み能力など、仕入れに役立つスキルを磨いていくのがいいでしょう。

アパレル業界のMDってどんな仕事?

マーチャンダイザーと呼ばれる仕事はアパレル業界の中でも人気の高い職種です。
しかし、名前からではなかなか仕事内容を想像するのが難しく、実際にどんな仕事内容を行っているのか疑問に思っている方も多いと思います。
今回は、MDの仕事内容についてご紹介します。

マーチャンダイザーって何をする仕事?

マーチャンダイザーは、MDとも呼ばれ、アパレル業界の企業に所属して商品の開発から販売計画まで、総合的な管理を行うのが仕事です。
デザインや販売促進のための市場調査を行い、どんな商品が世の中に求められているのかを考えるのはMDの重要な仕事の一つです。

企業の規模によっても仕事内容は異なりますが、バイヤーや広報を兼任する場合もあります。
ブランドの経営にとってなくてはならない存在なので、MDは待遇面でも販売職や営業に比べて優遇されている場合が多いです。

マーチャンダイザーに向いているのはどんな人?

MDには、幅広い視野と経営センスが求められます。
企画から販売、流通までの流れを把握して、いかに売れる商品を生み出して企業に利益をもたらすかを考えるのがMDの役目です。
そのため、トレンド分析力や判断力も求められます。

デザイナーの仕事はデザインのセンスが必要ですが、MDの仕事は、ブランドの運営を円滑にするためのあらゆる知識が必要です。
そのため、向上心の高さは強い武器になります。

また、流行に敏感で、常に新しいものを取り入れる柔軟さを持った人材は、MDに向いています。
MDの仕事は多くの部署や社外の人と関わるため、コミュニケーション能力も役立ちます。
仕事の面でも、対人面でも、積極的に取り組む姿勢を持った人が、MDに向いていると言えるでしょう。

マーチャンダイザーには資格は必要?

基本的にMDの仕事に特別な資格は必要ありません。
大切なのはファッションや自社ブランドが好きという気持ちが第一です。
MDとして働くために人気が高い資格には、ファッションビジネス能力検定試験色彩検定などがあります。
余裕があれば、取っておくと面接でも有利になる可能性が高くなります。

また、仕事をする上で海外と関わる場合は語学力が求められます。
最近ではインターネットを利用した販売戦略を立てる企業も増えてきたため、パソコンスキルやインターネットの知識があると役立ちます。
商品管理や仕入れ業務など、実務的な分野の仕事も多いので、過去にそうした分野の仕事を経験していると、面接でもアピールポイントになります。